sazabinクルマ一本道!!

現在NWエンジニアをやってる元某ディーラーの中古車販売をしていたアラフォーが、車に関することを書きしたためるブログ。メインは試乗記のインプレッションですが、その他クルマに関することを素人目線から書いていきます。

試乗インプレッション☆ ダイハツ・COPEN(Robe S / GR Sports)

こんにちは★クルマ大好き人間、SAZABINです。

気づけば2020年の1月も終わり、節分を終えてもうすぐ春!(まだ早いか?)

とはいえ、まだまだ肌寒い気配が続く中、先日はダイハツの某お店にて何とオープンカーのCOPENを試乗してきました。

と、いうわけで今回のインプレッションはダイハツのCOPEN!初の軽自動車インプレです☆

f:id:sazabin:20200209174252j:plain

ダイハツ コペン Robe S ボディカラーはジョーヌ・イエロー。 <投稿者撮影>


今回は先日のFIATのオープンに続き、「軽自動車なら維持費安くオープンに乗れるんじゃ?」という単純な理由からCOPENに乗ってみました。

このクラスだとホンダのS660は?と思う方も多いかもしれませんが、これはもう単純に、

こっちの方がデザインが好みだったから( *´艸`)(笑)

です。本当はRobeではなく、Ceroって丸目のモデルが良かったんですがまぁそこはいいか。S660はまぁいずれ。

試乗車のグレードはRobe SのCVTモデル。車両本体価格は税込みで209万円のモデルです。

軽自動車の2人乗りオープンカーとしては価格的には相場なのかな?

なお、今回はダイハツさんとトヨタさん共同で作ったGR Sportsというグレードにも合わせて試乗しました。

(ちなみにこちらは車両本体価格が税込みで243.5万円。MT車でした。)

毎度のことながら拙い文章ですが、COPENの魅力を伝えられたらと思います!


ナンチャッテ自動車評論家、sazabinさんのインプレです。
なお、あくまで個人的観点なので気を悪くされたらすみません。
個人的評価ですが各項目については5段階で評価したいと思います😃

 

 

 

試乗車:COPEN
グレード: Robe S / GR Sports

車種、グレード・価格紹介

【車種紹介】

現行モデルは2代目に当たる。初代は2002年に発表され、ダイハツのオープンカーとしては1993年に発売中止となった「リーザスパイダー」以来のモデルとなる。

名前は元は軽(K)自動車のオープン(OPEN)からKOPEN、と名付けられたがKをCompactのCに変更してCOPEN、となったという説がある。

オープンは初代は幌の仕様と電動のアクティブトップと呼ばれる2種類の仕様があったが、2代目の現行型は全て電動のアクティブトップのものに変更された。

また、エンジンについても初代は直列4気筒ターボ、2代目は直列3気筒ターボに変更された。

2代目の特徴としては外装をボディ外販一部を樹脂パネルとし、それを交換することでRobe、Cero、Xplayと3種類の異なるボディイメージを作り出すという遊び心を持っている。それに加え、トヨタ自動車との共同で生み出したGR Sportsというスポーティグレードも存在する。

RobeとGR Sportは下記記載のインプレにて画像参照。

CeroとXPLAYは以下。

f:id:sazabin:20200305003205j:plain

ダイハツ COPEN Cero。英国車風のブリティッシュグリーンの車体がお洒落☆ <出展:https://kakaku.com/item/K0000787283/>

f:id:sazabin:20200305003414j:plain

ダイハツ COPEN XPLAY。どことなくオフロード的なイメージをもつパネルを装備。 <出展:https://car-mo.jp/mag/2019/04/11253/>
【グレード・価格紹介】
※価格はいずれも税込み、100円以下切り捨て。()内は北海道地区メーカー希望小売価格。
・Robe 2WD(FF) 7速スーパーアクティブシフト付きCVT / 188.6万円(189.7万円)
 
・Robe 2WD(FF) 5速MT / 190.8万円(191.9万円)
 
・Robe S 2WD(FF) 7速スーパーアクティブシフト付きCVT / 209万円(210.1万円)
 
・Robe S 2WD(FF) 5速MT / 211.2万円(212.3万円)
 
・XPLAY 2WD(FF) 7速スーパーアクティブシフト付きCVT / 188.6万円(189.7万円)
 
・XPLAY 2WD(FF) 5速MT / 190.8万円(191.9万円)
 
・XPLAY S 2WD(FF) 7速スーパーアクティブシフト付きCVT / 209万円(210.1万円)
 
・XPLAY S 2WD(FF) 5速MT / 211.2万円(212.3万円)
 
Cero 2WD(FF) 7速スーパーアクティブシフト付きCVT / 194.1万円(195.2万円)
 
Cero 2WD(FF) 5速MT / 196.3万円(197.4万円)
 
Cero S 2WD(FF) 7速スーパーアクティブシフト付きCVT / 214.5万円(215.6万円)
 
Cero S 2WD(FF) 5速MT / 216.7万円(217.8万円)
 
・GR SPORT 2WD(FF) 7速スーパーアクティブシフト付きCVT / 238万円(239.1万円)
 
・GR SPORT 2WD(FF) 5速MT / 243.5万円(244.6万円)
 
※各グレードごとの外観上の違い等は以下URLよりご参照ください。
 
ダイハツHP COPENグレード一覧
 
ダイハツHP COPEN装備表一覧
 
エンジンはどのグレードも共通ですね。
安全装備関連も基本はどのグレードも差はなく、強いて言えばMT車クラッチスタートシステムが搭載されるくらいでしょうか。
最近のクルマには標準装備になってきた感のある自動ブレーキなどは装備されていません(^▽^;)
この辺りは軽自動車且つ、趣味性の高いクルマだから、ともいえるかもしれませんね。
 
以下に基本の諸元表、サイズ感などを記載しておきます。

f:id:sazabin:20200211234959j:plain

ダイハツ COPEN 簡易諸元表
軽自動車のターボ、しかもオープン2シーターということでかなり趣味性が強いクルマですが、その分おもちゃ的に乗り回したり、普段は大きな家族用のクルマを持ちつつ、お父さんの休日の息抜きとか遊びに、という用途には抜群に優れていそうです☆
以下、エクステリアの写真を掲載していきます。
黄色のはRobe S、黒い方はGR Sportとグレードがそれぞれ異なります。
 
エクステリア
 評価【★★★★☆】
※Robe、GR Sport共に

f:id:sazabin:20200211235701j:plain

ダイハツ COPEN Robe S 。ボディ色はジョーヌ・イエロー <投稿者撮影>

f:id:sazabin:20200212000506j:plain

ダイハツ COPEN GR Sport 。こちらはボディ色がブラックマイカメタリック。<投稿者撮影>

まずは何といってもコンパクト!

軽自動車で2シーターだから当然、と言えばそうかもしれませんが、狭い道の多い住宅街にお住いの方などには特に嬉しいサイズ感かもしれません。

デザイン的にはRobeのヘッドライトの形がベースになってGR Sportが形成されているようですね。ライトもブラックアウト処理されていたり、よりスポーティーなイメージとしているようです。

f:id:sazabin:20200213225213j:plain

正面より。ナンバープレートも中央ではなく、片寄にしているところもどことなくスポーティーさを感じます☆ <投稿者撮影>

f:id:sazabin:20200213225509j:plain

GR Sportの方はバンパーの形状が異なり、より多く空気を導入するかのようなデザイン。 <投稿者撮影>

こうして見比べると、やはりGR、“ガズー・レーシング”の名前を冠しているだけあってGR Sportの方は通常のCOPENの仕様に比べてもスポーツカー、という点に焦点を当てているように思います。よくよく見ればグリルはダミーの部分が多いのですが、それでも通常のCOPENのバンパーよりはインタークーラーとラジエターに効率よく空気を導入するような形状になっています。デザイン自体は好み、ですけどねー(^▽^;)

f:id:sazabin:20200213230908j:plain

後方から見てもなかなかスタイリッシュなデザイン☆給油口は左です。 <投稿者撮影>

f:id:sazabin:20200213231104j:plain

一方、GR Sportはリアのテールライト回りがすっきりした印象に。ディフューザーも付いているのがスポーツマインドを掻き立てます☆ <投稿者撮影>

こうして比べるとやはり通常のCOPENは「可愛い」、GR Sportは「カッコいい」というような住みわけがされていますね☆

気軽にスポーツを楽しむなら通常のCOPEN、ガチにスポーツしたいならGR Sport、という感じでしょうか。軽自動車でリアのディフューザーまで装備しているのは驚きました(^▽^;)

f:id:sazabin:20200213231636j:plain

トランクスペースは差はないそうなので通常のCOPENのものをアップします。屋根がクローズドだとそこそこ広めのトランクです。 <投稿者撮影>

f:id:sazabin:20200213231818j:plain

別の角度より。中央にトノカバー的なものを設置するフックがあるのですが、そのカバーがセットされていないと電動ルーフが作動しないようになっているそうです。 <投稿者撮影>

f:id:sazabin:20200213232012j:plain

屋根を格納するとこんな感じです。こうするともう、あまり物は入りません… <投稿者撮影>

トランクは前開きでも後ろ開きでもあるわけで、かなり複雑なリンクが装備されていました。国産だからあまり故障は少ないでしょうが、何かものを積んでいて誤って挟んで、みたいなことには注意したいですね。

f:id:sazabin:20200213232417j:plain

エンジンルーム正面より。結構ギッチリ詰まっている印象です。 <投稿者撮影>

f:id:sazabin:20200213232531j:plain

別角度より。ボンネットの支えるバーが反対側に合った方がバッテリーの交換がしやすかったのでは、と思うのは僕だけでしょうか。 <投稿者撮影>

エンジンルームは特にこれといった変化は通常盤でもGR版でもないようです。

ただ、思っていた以上に補強材が組まれていたことには驚きました。

完全にフロントオーバーハングにエンジンが搭載されていますが、リアが電動のメタルルーフなのもあるので、これくらいの方がバランス取れるのかもしれませんね。

一番思ったのは画像のコメントにもありますが、ボンネットバーの位置ですね。

バッテリー交換やりづらくないかな、コレ(笑)(^▽^;)

f:id:sazabin:20200103160408j:plain

ダイハツ COPEN Robe S アルミホイール。シンプルなデザインが好印象。<投稿者撮影>

f:id:sazabin:20200103164812j:plain

ダイハツ COPEN GR Sport。アルミホイールは専用のBBSホイールとなる。<投稿者撮影>

アルミホイールグレード問わず165/50R16というサイズ。

最近の軽自動車って16インチ装備なのか…というところに一番驚きました(^▽^;)

ちなみに写真はどちらもリアのホイールです。

ブレーキはフロントはベンチレーテッドディスク、リアはドラムとなります。これはグレード問わずでこの仕様のようです。GR Sportについてはリアをディスクにしても良かった気もしますが、そこまで制動力もいらないか…?

インテリア
評価【★★☆☆☆】

※Robe、GR Sport共に

f:id:sazabin:20200103160552j:plain

ダイハツ COPEN インテリア。写真はRobeのものだがGR Sportもほぼ変わらない。<投稿者撮影>

インテリアはまさに「ザ・シンプル」といった感じです。

よく言えばスポーツカーというか、ドライビングに集中出来る空間悪く言えば快適性難あり(笑)というと言いすぎかもですが、所々残念な点が見受けられました

広さに関しては軽自動車の2シーターということもあり、広い、とは言えない部分は仕方ないとは思うのですが、例えばセンターコンソールのエアコン吹き出し口。

何故か1つだけ…左右両端にはそれぞれあるとはいえ、中央は1つ…何故ですか…(^▽^;)

f:id:sazabin:20200103161343j:plain

ダイハツ COPEN 運転席周り

足元もやはり少し狭め…とはいえここは元が軽自動車だし、まぁまぁわからんではないです。試乗車はカーペットがチェッカーフラッグ柄で可愛いなと思いました。単に単色のものよりこういう方が楽しいですよね☆

f:id:sazabin:20200103160536j:plain

ダイハツ COPEN ステアリング周り。Robe S、GR SportはMOMOステアリング採用。<投稿者撮影>

Robe S、Cero S、XPLAY SについてはMOMO製の本革巻きステアリングを装備してます。パドルシフトも付いててスポーツドライビングにはピッタリ☆フロアでガシュガシュとギア変えるのはMT車に任せて、オートマ(今回はCVTですが)なら優雅に手元でスパスパとギアチェンジを楽しみましょう!

ちなみに通常のベースグレードの仕様ではパドルシフトはないです。

メーターの視認性も悪くないんですが、タコメーターはもう少し大きくてもいいかな?と思いました。ちょっとメモリが細かすぎるような印象を受けてしまいました

f:id:sazabin:20200103161358j:plain

ダイハツ COPEN センターコンソール。エアコンの吹き出し口が中央に1つしかないのは残念。<投稿者撮影>

前述もしましたが、センターコンソールのエアコン吹き出し口1つは残念。先代型は2つあった気がするのですが…うろ覚えなので違ったらすみません。

また、エアコンのユニット自体もダイヤルと操作する箇所を分けてこんなにスペース取らなくても良くない?って思いました。

何かこのあたりはコストダウンされて作成されたのかな、というようにも感じてしまったのも事実…これならユニットは1つにまとめて、小物入れとか、それこそ縦にでもいいから吹き出し口用意するとかの方が良かったのでは…と感じてしまいました。"(-""-)"

f:id:sazabin:20200103161420j:plain

ダイハツ COPEN カップホルダー。両座席の中央後方にある為、とても使いづらい印象。<投稿者撮影>

今回試乗して一番残念に感じたのがコレ!

カップホルダーが両座席の真ん中後方にあるんですが、

ともかく使いづらい!

飲み物を取るのに体をかなり捻らないと取れない、という…運転中だとむしろ危ないですよね。熱い飲み物とか、運ぶ過程で零す可能性も高い気がします。

だったら社外のカップホルダーをエアコン吹き出し口に装着すればいいか☆と普通は思うんですが、中央の吹き出し口、1つしかありませんしね…(;'∀')

あと、残念というか使いづらいなと思ったのはボンネットオープナーが助手席グローブボックス内にあるという!

時々この形状見かけますが、その分ボックス狭くなるんですよね、当たり前だけど。

f:id:sazabin:20200103164940j:plain

ダイハツ COPEN GR Sport コンソール。こちらは5MT仕様でした☆<投稿者撮影>

また、これは自分の体格やドライビングポジションもあるかと思うんですが、MT車運転時に、3速が凄く遠かったです。感じた、ではなく実際に。

MT車だからクラッチ踏み込んだ状態でシート合わせてステアリング調整して、ってやるわけですが、その状態で乗ったら3速がとても遠かった…(笑)ギリギリ左手中指が届くくらい、と言えば伝わりやすいですかね。自分、腕は結構長い方なハズなんですが…いつもワイシャツ買うの、裄丈足りなくて苦労するくらいなので(;'∀')

というように、細かいユーティリティー面で残念な面が目立ちました

デザインはカッコいいと思うのにインテリアが本当に割り切っているというか。

普段足の様に使うのであればこの辺りも選ぶ際には重要になる思うので敢えて辛口で書いてますが、実車見てみないとわからない点ってやっぱり多いですね(;'∀')

改めて思いました。

【安全装備】 

評価【★★☆☆☆】

安全装置についてはどんなものが付いてるのか?

カタログをパラパラと捲り、装備一覧を見てました。

どれどれ…?と見てみると、

  • デュアルエアバッグシステム(運転席 / 助手席)
  • VSC &TRC(要は横滑り防止装置です)
  • ブレーキオーバーライドシステム(アクセルペダルとブレーキペダルが同時に踏まれるとブレーキを優先させるシステムらしいです)
  • 衝突安全ボディ<TAF>
  • エマージェンシーストップシグナル
  • シートベルト未装着ウォーニングランプ

以上です。あ、もちろんABSやシートベルトプリテンショナーなどは標準ですが。

うーん、最近のクルマにしては少し少な目かしら…という感じが。

軽自動車の2シーターオープンに期待し過ぎなのも良くないのかもですが、せめて自動ブレーキは欲しいところ。特に、ダイハツ車、他の軽自動車には設定あったりするわけですし。今後は義務化されるからそのタイミングで搭載されるかもしれませんね。

幸いにも踏み間違い防止?と言えるかは微妙ですがブレーキオーバーライドシステムっていうのは付いてるみたいです。ただ、これも踏み間違えするときって全力でアクセルペダル踏んでるよね、って考えると踏み間違え防止の根本的な解決にはなっていない気もします。この手のスポーツカーなら、高齢者の方が定年迎えて、奥さんと2人で楽しむため買った、みたいなことも考えられますし、個人的には必要だと思いますね、特に自動ブレーキ関連は…(;'∀')

 

【ドライビングインプレッション】

評価:

Robe S (CVTモデル)【★★★★★】

GR Sport (5MT)  【★★★★☆】

 

店内で店長さん直々(!)に商品説明をしていただき、それぞれ乗り比べてみたい、とお伝えしたら快く承諾いただきました。

まずは黄色のRobe Sから。

此方はCVTの仕様。簡単に操作説明を受け、同乗するのかなと思ったら、自由にその辺走ってきてください、とのこと!

なんと太っ腹な!(#^^#)

それでは、と屋根をフルオープンにして出かけました。

 

第一印象はやっぱりオープンは気持ちいい☆(#^^#)

…ではなく(笑)。いや、確かに気持ちいいんですけど。

まず感じたのはRobe S、剛性の低さとかは特に感じないんですが、リアのサスペンションが結構固く感じました結構突き上げ感あります。段差とかで。

この性格は屋根を閉めると全体のボディ剛性が上がるせいかより顕著になります

加速感はCVTなので滑らかにスーッと出る感じ。しかも疑似的に7速に分けてるので結構速く感じますね。普段の足にするにはこれはいいかも☆カスタマイズ出来るならもう少しサスペンション柔らかくしたいなあ。という感じ。

パドルシフトもあるのでスパスパとギアチェンジ(と言っていいかはともかく)出来るのも◎なポイント。

ただ、パドルシフトはあっても電話をステアリングボタン上で出れないのは残念。ナビはBluetoothは接続可能なので対応はしてるのに…

ある程度速度出すと風の巻き込みは正直少しあります

シートヒーターあるので寒くはないんですが。これはGR Sportも同様ですが、後で店長さんに伺ったら窓を閉めてると大分巻き込みがなくなるらしいです。

屋根を閉めるとやはり少し圧迫感と後方視界が少し悪化しますね。

ただ、荷物載せたければ屋根は閉めざるを得ないし、悩みどこです。先代型みたく普通の幌のバージョンがあってもよかったかもしれません。重量も軽くなりますし。

 

一方のGR Sport。

此方はMT車だったのですが、CVTとエンジンの制御が違うのか、それともギアの段数が少ないせいか、懐かしのドッカンターボ的な性格に思いました。

直列3気筒ターボなのですが、エンジン回転数3,000回転位からターボが効いてくるとかなりハッキリとパワフルになる感じがします。例えると、ドッカーン!という感じ(笑)

クラッチもバイトポイントが結構奥の方で慣れるのに少し苦労しました(笑)(;'∀')

その分ブレーキはというと、初動から踏んだ感じが何だかフワフワというか、フニャフニャとた踏み心地で、少し頼りない印象。Robe の方がパワーの出方とのバランスが取れているのか、そっちではそれほど気にならなかったのが、こちらでは少し頼りなく、怖く感じました。

ただ、GR Sportの方はサスペンションは凄くしなやかで、ボディともバランスが取れているように思います。柔らかいとはまた違って、Robe Sは固めたサス、GR Sportは固めた上でさらに対応の幅を広げたような感じです。

フロア剛性を強化しているのも効いているのかも?

そういう意味だと一番良さそうなのはGR SportのCVT仕様かな?

両車とも性格がわかれていて面白いなと思いました。

 

総評

今回同じ車種の違う仕様をそれぞれ乗り比べてみましたが、総評として…

 

Robe S : 85点! GR Sport : 80点! 

(いずれも100点満点中です、念のため。)

2台の点差はドライビングインプレに書いたときの違い、なんですが。

正直GR Sport 、乗るならMTじゃ無くてCVTかな。と思いました。僕は。

理由は書いた通り結構なドッカンターボな点運転することだけに限って言えばそれは楽しさにもつながるんですが、普段の足として、という点も考慮するとあれは少し疲れるかな、という感じ。

Robe Sの方がそのあたりはCVTだったのもあり、好印象でした。足は少し硬いのは気になりますが、GR Sportのパワー感ほど気になるレベルでもないです。

点差はそれで、残りはもうハッキリ言って内装のユーティリティーです。

カップホルダー使いづらい、中央のエアコンの吹き出し口1つだけ、MTだと3速に届かない(体格の問題(笑))と、残念な点がちらほら…自動ブレーキもないですし…

こういうのも個性と言えばそうですが、やっぱりクルマって高い買い物ですし、室内の使いやすさって大事だと思うんですよ。

特にスポーツカーだからこそ、カップホルダーなんかは重要なんじゃないかな。

運転中にとる行為自体が危ないですもん、これ。

ヘルメットしてて飲めないとかってなら別にいいのですが、日常使用を前提に考えた場合、ですね。(;'∀')

素性はいいクルマだと思ったし、顔つきも個人的にはCeroなんかいいなぁと感じてただけにそういう細かい点が気になってしまったのが残念でした。

マイナーチェンジとかで改善されないかなー、と少し期待してます(笑)

 

最後に担当していただいた店長さん、快く対応していただき本当にありがとうございました!この場を借りて御礼申し上げます。

 

以上、インプレでしたー( *´艸`)